10代がワクワクする南魚沼へ

大学生になって、上京して感じたこと。
「私、地元のことあまり知らない…」
どんな仕事があるんだろう、どんな人が暮らしているんだろう。

中学生のとき、高校生のとき、もっと地元のことを知ろうとしていたら。

だから、大学を1年間休学して南魚沼で暮らしてみた。
田舎だから楽しいことがない、仕事もない、なんてのは幻想だった。
この土地で就職して、自分が感じたステキなものを多くの人に伝えていくと決めた。

もちろん、東京で、世界で活躍する選択肢があっていい。
でも、地方で、南魚沼で活躍する選択肢もかっこいい。

若者が地元を誇らしく想い、ワクワクできるまち。
そんな南魚沼を目指して私たちは活動しています。

FACEBOOK

日々の活動はコチラ

INSTAGRAM

質問箱で中高生の進路相談受付中!